セラミドの種類
0
    セラミドには種類があり、大きく分けると馬などの動物由来のものになる天然の物と、肌にある成分と100%同じ構造で合成した活性型とに分けられます。

    天然のセラミドは数種類の活性型セラミドや、コレステロールなどが混合しているもので、肌への浸透や効果はとても良いのですが、商品の価格が高くなってしまうのが難点です。

    活性型セラミドは1から7までの系統があり、1と3と6が減ってしまうと、乾燥肌やアトピー性皮膚炎などを起こす要因となってしまいます。

    肌や髪にあるセラミドなど、存在する場所によって種類や役目が違い、番号がつけられています。
    | 382slp | 美容一般 | 12:04 | - | - | - | - |