そばかすとほくろ
0
    メラニンを作る能力は遺伝によって決まっていて、肌の色が白いほどメラニン沈着は目立つようです。
    幼児の頃から見受けられることもありますが、思春期をむかえる頃になると、沈着して増加するのも特徴です。

    メラニン色素には紫外線から体を守る重要な働きがあります。

    必要が無くなれば角質となって、表皮から剥がれるようになっています。
    いわば使い捨てのバリアなので、お肌の新陳代謝を促し、紫外線を避ければメラニンの沈着を防止することが可能です。

    ほくろのはメラニンン自体が密集しているので、レーザーや液体窒素などで治療するしか根治できないのが現状のようです。
    | 382slp | 美容一般 | 14:52 | - | - | - | - |