保湿剤(ワセリン・ケラチナミン・セラミドなど)
0

    乾燥する冬の期間は、ドラッグストアなどでは、ハンドクリームやボディクリーム、リップクリームなどの保湿系のコーナーができますよね。

    リップクリームひとつとっても、さまざまな種類があって迷います。

    冬は、夏に比べ、空気中の水分量が5分の1以下になるそうです。 さらに、最近では、お肌のセラミドが不足している人が増えていて、乾燥や敏感肌、アトピー、ニキビなどの肌トラブルが増えているそうです。

    ドラッグストアなので、効果的な保湿剤としては、ワセリンやケラチナミン、ヒルロイド、セラミドなどがあります。

    どれも、2〜24時間の保湿効果があって、あまり大差ないようです。

    皮膚への刺激は、セラミドやワセリンについてはほとんどなく、ケラチナミンは、少し刺激があるので、子供には向かないようです。

    ヒルロイドは、出欠を促す可能性があり、掻いたために傷ができているような場所には向きません。 塗ったときのべたつき感は、ワセリンがベタベタした感じがほかのものよりあります。

    セラミドは、医薬部外品ですが、保湿効果があって低刺激で、べたつきも少ないため、日常の乾燥ケアに使いやすいもののようです。

    JUGEMテーマ:美容
    | 382slp | 美容一般 | 16:47 | - | - | - | - |