女性ホルモンとバストの関係
0
    バストアップのためには、女性ホルモンの分泌を活発にすると効果的で、女性ホルモンは、お肌にハリとツヤを与えたり、女らしい丸みのある体を作ります。

    不足するとボディラインもごつごつして、皮膚はハリがなくなり、さらに、生理不順や更年期障害を引き起こします。

    バストも、女性ホルモンが十分であれば豊かできれいな胸になります。ですが、分泌がうまく行かないとサイズが小さくなるかもしれません。バストアップには女性ホルモン分泌の状態も大事です。

    ホルモンは細胞や内臓などに作用し、機能を調整したりといった生命活動にも密着していて、ホルモンバランスを正しくするのは、バストアップなど美容の面でも健康の面でも重要なことです。

    女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)などがあります。
    胸を大きくするにはエストロゲンが関係していて、エストロゲンの分泌が活発になれば、それだけ乳房も大きくなるということです。

    バストを大きくするには大豆が良いとされていますが、これは、大豆がイソフラボンを含んでいるからです。イソフラボンは、植物性エストロゲンとも呼ばれるエストロゲンと似た成分です。
    | 382slp | 美容一般 | 12:32 | - | - | - | - |